AO i SOLA *  solaが気まぐれに売ってます。

aoisola1.exblog.jp ブログトップ

No.B-221ヨーガンレールの社員食堂 野菜で作る一皿料理

ヨーガンレールの社員食堂 野菜で作る一皿料理 著/佐藤雅子 編集・スタイリング/高橋みどり   
 sold out
f0299142_14271030.jpg


この本は220(前回)載せた本の具体的なレシピ本です。
前回の著者は高橋みどりさんですが
今回はこの食堂の料理人である佐藤雅子さんが全面にでてきました。

佐藤さんは食に対してストイックにそして真摯に向き合って来た経歴の持ち主で
沖縄の西表島で自給自足の暮らしをし、
千葉ではオーガニックの食料品店と天然酵母の店を営んで…と

ヨーガンレールさんが社員食堂を作ろうと目論んだのは
極めて個人的な発想から〜身体に良いものを美味しく食べたい〜
そして会社の若い人たちに、食に対して訴えたいことを
この食堂ですべてを表そうとしたようです。

その食堂の料理人は佐藤さんがまずメインの担当で
他はアルバイトやパートのアシストの若い女性たち
すべての指令を出しつつ料理をしメニューを考える。

ヨーガンレールさんは、沖縄に田んぼと農園をもっていて
その農園の野菜やお米を使っています。
丹精した農園の野菜をまかせるのに
佐藤さんという人がどれほどうってつけな方なんだろうと
経歴を見ても驚きました。

そしてそのメニューのすごさもさることながら

調理の仕方もすごいんですよ。
もみ米をもみすりしてから始める玄米から
野菜くずはすべてブイヨンに変えて
と余さず工夫されるのです。

調味料もすべてがオーガニック。
販売までしていた佐藤さんが選んで使うわけです。

食は身体も腦にも影響を及ぼすのだからというヨーガンレールさんの思いを託した食堂ですもの
料理人である佐藤さんも真剣勝負です。

ベジ食の社食
メニューは日替わりで
一週間前に予約を募って材料の発注。

作りながら、加減調整して
バランスをとったりもするようです。

ここの料理は準備をきちんと
作るのはラフに。
野菜の和え物も臨機応変
野菜が代ったら少しアレンジをする。
それぞれの野菜の味でもきっとかえるわけですが

羨ましくなるランチですが
何しろ健康的なのは言う間でもありませんから
様々な料理をチョイスして自分の献立に加えて
自分ナイズするのもまた楽しいです。

ベジ食でも、こんなにすごいものが食べれる
飽きのこないもの、日々おいしく楽しみにできる
そんな料理が満載です。

これ、社員食堂だけでなく
家庭料理だけでなく
学校給食にも、カフェのランチプレートのヒントにも
介護施設なんかでも

たくさん応用が利く
安心でうれしいメニューです。
写真があの日置武晴さん、どーんと迫力です!

きれいなお品です。

定価1300円+税











f0299142_142895.jpg

f0299142_14281396.jpg

f0299142_14284319.jpg

f0299142_14282586.jpg

f0299142_1428688.jpg

f0299142_142824.jpg

f0299142_1428720.jpg

f0299142_14285624.jpg

f0299142_1429279.jpg

f0299142_14293059.jpg


最後が、先日不慮の事故で亡くなられたヨーガンレールさんの愛用のお弁当箱です。
ヨーガンレールさんが日本で暮らしてたくさんのものを残してくれました。
この本はその彼の足跡のひとつです。
ステキなポリシーの詰まった社員食堂です。

彼のスピリッツがずっと受け継いで行かれることを願っております。
by Aaoisola | 2014-10-16 15:00 |
line

Atelier solaとあおぞら文庫のsolaの周りのもののきまぐれ直売所


by Aaoisola
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite