AO i SOLA *  solaが気まぐれに売ってます。

aoisola1.exblog.jp ブログトップ

No.B-193 てくり別冊 tenote

てくり別冊 tenote いわ「てのて」しごとーcraft&products まちの編集室   
sold out

f0299142_1721453.jpg


森岡のリトルプレス「てくり」ずっと気になる存在ですが
まだ手に取ったことがないのです(すみません)
それより先に出会えたのがこのtetoteです。

岩手といえば東北の中でも独特の文化を持った場所といえますよね。
南部人の粘り強さや我慢強さ、雪深い時間の中には
クラフトの文化も脈々と続いている様です。

盛岡のてくりが場所を岩手県内と広げて
そこで生み出されるクラフトものを
つちへん・きへん・いとへん・かねへんとわけて
伝統工芸だけでない個人の工房も訪ねて
岩手という北国に暮らし作り続けるということの理由を…
ということで探ったその意味が見えて来た様です。

長く代々続くひと、
故郷に帰ってものづくりを始めたひと
その場所に縁を感じやってきたひと

それぞれありました。
岩手のその場所にに対する温かい想いが皆さんあるんですね。
訥々と語る、岩手の面々のものづくりのなかには
やさしさが共通項のように感じます。

優しい色合い、優しい音色、優しい触り心地、温もり。。。
取材する側の優しさも溢れています。

これは、リトルプレス全般にいえることかもしれませんが、、、
本当に文面から愛おしさを感じるんです。
このtetoteは震災より前の2009年の出版です。
あの震災後大変なことはたくさん有ったと思うのですが
てくりを出版している「まちの編集室」はずっと出版を続けてくれています。
そしてこのtetoteの延長線と言えるshopとspeceひめくりを昨年オープンさせています。
頑張る東北人ここにもアリです。

ぜひ岩手のクラフトを知って下さい。
個人的には手箒の美しさに魅了されました。

全体に軽い使用感がありますがきれいです。
2009年11月発行。新刊の発売は終了されています。
当時の定価 ¥1500





f0299142_1732024.jpg

f0299142_1731718.jpg
f0299142_1724336.jpg
f0299142_1725449.jpg
f0299142_1723787.jpg
f0299142_1735434.jpg
f0299142_1735989.jpg
f0299142_1741061.jpg
f0299142_1733830.jpg
f0299142_1733875.jpg
f0299142_174249.jpg
f0299142_1735788.jpg
f0299142_1734710.jpg
f0299142_1733579.jpg


この本に載せられているクラフトマンたちは
若い方が多く、それはそれでうれしいことです。
そして若い方じゃないベテランの方のものが吃驚する程若々しいもので
愉しそうな空気が紙面から感じます。
海外でもメードインニッポンは評価が高いのが頷ける洗練されたものばかり。
南部といえば南部鉄が特にそれに当たりますが
どれもこれもどこででも生き残る質の高さを感じますが
岩手で、営み意味もしっかりと感じます。

ぜひ感じてみて下さい。
by Aaoisola | 2014-08-01 17:36 |
line

Atelier solaとあおぞら文庫のsolaの周りのもののきまぐれ直売所


by Aaoisola
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite