AO i SOLA *  solaが気まぐれに売ってます。

aoisola1.exblog.jp ブログトップ

No.B-151 リネンが好き

リネンが好き 前田まゆみ   sold out
f0299142_7421871.jpg


書棚のすみっこでずっと読むことを忘れていた本でした。
軽いリネンのガイドブックぐらいに考えていたのです。
もちろん買う時は、ぱらぱらと捲って状態と内容の確認をするのですが
うっかりと忘れているうちに何か思い違いしてしまったのですね。

このところリネンとの距離間が変わって来て
もっとリネンを身近に、そしてもっとリネンを知りたくなって
読んでいます。

女子の憧れ「リネン」
キッチンでも衣類でも寝具でもリネンだったらかなり嬉しい。
機能性もそうだし、肌触りも良いし「リネン」という名前すらが
一種のブランド化しているような感じですが

そもそも「LINEN」がなんなのか…
麻であることはわかっていても
麻の中で「亜麻」であることもぼんやり知っていても
もともと植物の亜麻がどんななのかご存知の人は多くないと思います。
わたしなんてそれ以上知りませんでした。

亜麻、、、フラックス植物としての話から
糸になって織られて行って
とかなり内容充実で、いろいろなことを知ることができる本です。

本の最初には、著者のイラストレーターの前田まゆみさんは
LINENを知った同時期に植物の亜麻(フラックス)と出会って
その可愛らしさに魅了されて、
それがLINENだと知ってますます愛おしく思うようになったそうです。

本の話があった時にフラックスとLINENのことを教えてくれる本が少ないので
その関係やLINENのまつわるあれこれを書きたいと考えたそうです。
フラックス畑を見たり、リネンになる過程を見たり
リネンに関する歴史も
アンティークリネンを探す場所や買い方(チェック)
手入れの仕方、使い方
他の麻との違いまでが優しく教えてくれています。
写真は前田さんのご主人が撮られていて、これがまた清々しいショットなのです。

リネンがもっともっと身近になって愛おしくなって行きます。

f0299142_7423135.jpg



人気の絶版書籍です。カバー周りに軽くヨレはありますがきれいなお品です。

定価 ¥1500+税

書棚に埋もれていたので、本に申し訳なくって、今回、特別発掘価格です。 笑。






f0299142_7425296.jpg
f0299142_7421699.jpg
f0299142_7425975.jpg
f0299142_7423135.jpg

f0299142_743045.jpg

f0299142_7423120.jpg
f0299142_7431376.jpg
f0299142_7431886.jpg


リネンのある暮らし、きもちが贅沢になりますね。
by Aaoisola | 2014-04-24 08:46 |
line

Atelier solaとあおぞら文庫のsolaの周りのもののきまぐれ直売所


by Aaoisola
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite